督促による売掛金回収

ほとんどの取引形態が掛取引である現在において、物やサービスを販売している企業や個人事業主にとって、売掛金のトラブルはついて回るものですが、特に売掛金回収については頭の痛い問題でもあります。どんなにクリーンで健全な会社経営をしていても、取引相手は必ずしもそうは限りませんので、いつ何時売掛金回収のトラブルに遭遇するかわかりません。そうなった場合に焦って間違った解決方法をとらない為にも、回収方法や対策について知識を持つ必要があります。

売掛金とは、商品やサービスの代金をその場で払わずに、後日取り決めた日に請求して支払ってもらう代金のことを言い、その請求する権利を債権と言います。売掛金回収ができないということは、その取引先のツケが生じたということになります。長い間そのままにしておくと、相手先が倒産して全く回収できなくなるか、売掛金の有効期限が切れて消滅してしまう可能性がありますので、少額でもきちんと回収する必要があります。

電話や直接会って簡単に回収できれば一番良いのですが、実際は元々支払う意志がない、支払い能力がない等、悪質なケースも多々あります。回収方法としては、内容証明郵便による督促、任意による交渉による回収、相手先に買掛金がある場合に限り相殺して回収、商品を引き上げて回収する等がありますが、最終的には訴訟に出て法的手段を用いて回収することになります。法的手段の一つに「支払督促」がありますので、詳しく紹介します。